目の病気

水晶体起因性ぶどう膜炎(水晶体起因性眼内炎)

水晶体起因性ぶどう膜炎(水晶体起因性眼内炎)とは

外傷による水晶体嚢の破損白内障術後に残余皮質が多量にあり、術後数日から数週以内に発症する眼内炎で、通常は毛様充血、角膜後面沈着物、軽度〜中程度の前房炎症、硝子体混濁がみられ、しばしば眼圧上昇を伴う。片眼性で、自然融解が原因の場合は主に高齢者に多い。

治療はその水晶体成分の残存量によって決まる。眼内の水晶体成分残余が多量なら外科的に除去する。成熟白内障に伴う融解の場合も白内障手術が根本治療になる。少量で自然吸収が期待できる場合は、副腎皮質ステロイドの局所・全身投与が有効なこともある。その他に眼圧コントロールや瞳孔管理を行う必要がある。自然吸収を期待できる程度なら経過観察のみで治癒することもある。

参考文献

  1. 今日の眼疾患治療指針第3版
  2. 日本眼科学会会報誌123巻6号p670

関連記事

細菌性眼内炎この記事では眼科救急疾患として重要な細菌性眼内炎について解説しています。...

ABOUT ME
ドクターK
オンライン眼科編集長兼眼科医プロライター/祖母の死→医師を目指す→一浪し眼科医/プロライターとしても500以上の記事を執筆/目の健康、眼科に関する記事をほぼ毎日作成/一緒にお仕事して下さる方はDMして下さい!目の健康に関する情報よ全国へ届け!