目の病気

多発消失性白点症候群(MEWDS)

ドクターK
ドクターK
・多発消失性白点症候群(MEWDS)ってどんな病気なの?

と疑問をお持ちの方の悩みを解決できる記事になっています。

多発消失性白点症候群(MEWDS)とは

20~50歳の女性に好発(男女比1:4)し、半数は感冒様前駆症状を伴った後、片眼性の突然の視力低下、霧視、傍中心暗点、光視症などを訴える。

眼底は後極部を中心とした網膜深層から網膜色素上皮(RPE)層レベルに円形の多発性白点が散在する。1~2か月以内に消失するが、黄斑部の顆粒状変化は残る。

多発消失性白点症候群(MEWDS)の検査

0.眼底検査

後極部中心に網膜深層から色素上皮レベルに100~200μm大のさまざまな黄白色の白点が多発する。大きいものは中央が灰白色に抜けて大きな輪状をなす。特に中心窩には黄色~橙色の顆粒状所見を認める。これら眼底所見は病期早期に生じるがやがて消失する。

1.光干渉断層計(OCT)

MEWDSの活動期にはellipsoid zoneが不整になるが、不整が改善するとともに視力は改善する。

初期:黄色白点とIAの低蛍光斑に一致してIS/OSラインの消失を認める。これに一致して網膜色素上皮(RPE)から視細胞内節外節消失部位を越えて、外顆粒層にまで伸びる中等度反射斑が観察される。この中等度反射斑は特に中心窩では柱状、または斑状の特徴的な形状をとって認める。

↓やがて

IS/OSラインは黄色白点あるいはIAの低蛍光斑の有無にかかわらず広い範囲で消失し、OCTの中等度反射斑(IAの低蛍光斑に一致)は小型化して数が増える。

↓やがて

中等度反射斑は消失しIS/OSラインは約1か月でほとんど復元するが、ところどころ不整な部位が残存する。

2.FAG

網膜白斑部は早期から過蛍光(=wreath-like)になり、後期に拡大を認めない

3.ICGA

白斑部は後期で低蛍光になる。

多発消失性白点症候群(MEWDS)のOCT、FAG、ICGA画像

4.視野検査

視野狭窄、マリオット盲点の拡大、中心暗点が見られる。

5.網膜電位図(ERG)

多局所ERGで黄斑部付近の振幅の著名な平坦化を認める。

多発消失性白点症候群(MEWDS)のERG

多発消失性白点症候群(MEWDS)の治療

MEWDSの多くは約1か月で、長くとも3か月以内に自然軽快することが多い。よって、基本的には経過観察を行い、視力回復が遷延する場合はステロイド全身投与を検討する。

視力予後は良好とされる。しかし、中には視力が0.6~0.7までしか回復しない症例や再発例を認める。後者の例では急性帯状潜在性網膜外層症(AZOOR;acute zonal occult outer retinopathy)の移行型と考えられる場合がある。

AZOORや脈絡膜炎とを併発することがあるため、AZOOR complex syndromeという広い疾患概念の一だとも考えられている。

参考文献

  1. 今日の眼疾患治療指針第3版
  2. 黄斑疾患診療AtoZ

関連記事

網膜電図(ERG)網膜電図(ERG)は前眼部・中間透光体が混濁して眼底が透見できない疾患の網膜機能など、様々な疾患に有用な検査です。この記事ではそんな網膜電位図(ERG)について解説しています。...

ABOUT ME
ドクターK
オンライン眼科編集長兼眼科医プロライター/祖母の死→医師を目指す→一浪し眼科医/プロライターとしても500以上の記事を執筆/目の健康、眼科に関する記事をほぼ毎日作成/一緒にお仕事して下さる方はDMして下さい!目の健康に関する情報よ全国へ届け!