目の病気

急性前部ぶどう膜炎(AAU)

急性前部ぶどう膜炎(AAU)とは

急性に発症する前眼部の炎症を主体とするぶどう膜炎で、視力障害強い眼痛を伴うことが多い。AAUはHLA-B27が陽性であることも多く、その場合はHLA-B27関連ぶどう膜炎とされる。

HLA-B27関連疾患は下記の通りである。AAUでHLA-B27陽性患者は4~63%と開きがあり、HLA-B27関連ぶどう膜炎患者の19.2~50%に強直性脊椎炎を合併するとされている。

HLA-B27関連疾患一覧

  • 強直性脊椎炎
  • Reiter病
  • 乾癬性関節炎
  • 炎症性腸疾患

また、AAUは欧米ではぶどう膜炎全体の50%を占めるが、日本では2.5~6%程度とされており、地域差を認めている。

急性前部ぶどう膜炎(AAU)の症状

通常は片眼性で、急性に発症する。

自覚症状

眼痛、羞明、視力低下などを自覚する。

他覚症状

他覚症状は下記の通り

  • 強い結膜充血、毛様充血
  • 前房:多数の炎症細胞、強い蛋白、フィブリン(フィブリンが虹彩あるいは水晶体全面に付着し、瞳孔領を覆うこともある。)、前房蓄膿、隅角蓄膿
  • 角膜:細かい角膜後面沈着物(KPs)、Descemet膜皺壁
  • 虹彩後癒着によりiris bombeを起こし、急性閉塞隅角緑内障を起こすことも

※前眼部とあるが、軽度硝子体混濁、視神経乳頭の発赤、網膜静脈の拡張、嚢胞様黄斑浮腫(CME)を伴うこともある。

急性前部ぶどう膜炎(AAU)の診断

上記記載の他覚症状から診断される。HLA-B27陽性か否かは臨床症状から判断できないが、検査は費用の問題もあるため必須ではない。AAUが疑わしい場合にはHLA-B27関連疾患の合併も精査する必要がある。

急性前部ぶどう膜炎(AAU)の治療

前房の炎症が強いため、ステロイドによる消炎を行う。また、虹彩後癒着を防止するため散瞳剤も用いる。

処方例)

  1. リンデロン点眼・点耳・点鼻液(0.1%)1~2時間ごとの点眼(その後6回→4回→2回/日と減らしていく)
  2. ミドリンP点眼液およびネオシネジンコーワ点眼液(5%)1日3回点眼
  3. デカドロン(3.3㎎/ml)1回0.3ml結膜下注射、あるいはケナコルト-A(40mg/ml)50μlずつを結膜下2か所に注射
    or
    プレドニゾロン錠(5㎎)1日30㎎を3日間、さらに1日20㎎を3日間、1日10㎎を3日間

急性前部ぶどう膜炎(AAU)の予後

視力予後は概して良好だが、炎症の持続期間は1~2カ月間とされる。

参考文献

  1. 今日の眼疾患治療指針 第3版

関連記事

サルコイドーシス全身に症状を伴い、ぶどう膜炎の原因として重要なサルコイドーシスについて解説しています。...

ABOUT ME
ドクターK
オンライン眼科編集長兼眼科医プロライター/祖母の死→医師を目指す→一浪し眼科医/プロライターとしても500以上の記事を執筆/目の健康、眼科に関する記事をほぼ毎日作成/一緒にお仕事して下さる方はDMして下さい!目の健康に関する情報よ全国へ届け!