目の病気

糖尿病虹彩炎

糖尿病虹彩炎とは

血糖コントロールが不良な糖尿病患者にみられる急性虹彩毛様体炎である。網膜症や白内障に比べ合併率は低く、その合併率は糖尿病患者の1~7%とされる。

糖尿病虹彩炎の症状

片眼性のことが多い。

  • 充血や結膜浮腫に伴った眼痛
  • 流涙
  • 霧視(かすみ目)
  • 羞明(まぶしい)
  • 視力低下

糖尿病虹彩炎の診断

下記記載の他覚症状を特徴とする虹彩炎であることに加えて、虹彩炎発現時に高血糖状態であり、その他の虹彩炎の原因疾患を除外して診断とする。

他覚症状

  • 強い球結膜浮腫・充血、毛様充血
  • 角膜:微細な角膜後面沈着物+、Descemet膜皺壁
  • 前房フレアが著名で、時に線維素析出や前房蓄膿

糖尿病虹彩炎の治療

ステロイド点眼散瞳薬点眼を行い、併せて糖尿病コントロールも行う。点眼治療に反応しない場合はステロイド薬結膜下注射を併用する。糖尿病コントロールにより眼炎症は比較的速やかに消退し、視力予後は良好である。

参考文献

  1. 日本眼科学会会報誌123巻6号
  2. 今日の眼疾患治療指針 第3版

関連記事

糖尿病網膜症(DR)糖尿病網膜症は糖尿病の合併症のうち、最も重要な合併症の一つです。後天性の失明原因で常に上位を占め、今後も患者さんの数は多いと思われます。そこで、この記事では糖尿病網膜症について解説しています。...

ABOUT ME
doctorK
オンライン眼科編集長兼眼科医プロライター/祖母の死→医師を目指す→一浪し眼科医/プロライターとしても500以上の記事を執筆/目の健康、眼科に関する記事をほぼ毎日作成/一緒にお仕事して下さる方はDMして下さい!目の健康に関する情報よ全国へ届け!