目の病気

放射線白内障

放射線白内障とは

眼部放射線被曝では白内障を生じうる。低線量被曝でも長期的な白内障リスクが上昇することが明らかになってきている。

放射線による水晶体混濁は後嚢下中央に多色性の微細な点状混濁およびvacuolesを生じ、これらの変化が徐々に拡大し斑状混濁、顆粒状混濁となる。進行するとドーナツ状→皿状となり、そうなると著明な視機能低下を生じる。

治療は加齢性白内障と同様である。

参考文献

  1. 今日の眼疾患治療指針 第3版

関連記事

眼科医が説明する白内障 皆さんは白内障という病気をご存知ですか? 「年を取ったらなる病気でしょ」「おじいちゃんが白内障の手術をしていた」 ...

ABOUT ME
ドクターK
オンライン眼科編集長兼眼科医プロライター/祖母の死→医師を目指す→一浪し眼科医/プロライターとしても500以上の記事を執筆/目の健康、眼科に関する記事をほぼ毎日作成/一緒にお仕事して下さる方はDMして下さい!目の健康に関する情報よ全国へ届け!