目の病気

交感性眼内炎

この交感性眼内炎とは

穿孔性眼外傷や内眼手術後原田病と同様、両眼性汎ぶどう膜炎を生じる疾患のことを交感性眼内炎と言います。ぶどう膜が全身の免疫に曝露され、自己のメラニン蛋白に対するT細胞性免疫によって発症する。

以前に比べ、小切開による手術が行われるようになり、その頻度は減少してきている。また、原因となった眼を起交感眼、僚眼を非交感眼という。治療は原田病と同様である。

参考文献

  1. 今日の眼疾患治療指針第3版

関連記事

Vogt-小柳-原田病(VKH) Vogt-小柳-原田病(VKH)とは VKHは全身のメラノサイトをターゲットにする自己免疫疾患である。発症期にぶどう膜炎、頭痛など...

ABOUT ME
ドクターK
オンライン眼科編集長兼眼科医プロライター/祖母の死→医師を目指す→一浪し眼科医/プロライターとしても500以上の記事を執筆/目の健康、眼科に関する記事をほぼ毎日作成/一緒にお仕事して下さる方はDMして下さい!目の健康に関する情報よ全国へ届け!