ぶどう膜とその疾患

交感性眼内炎

交感性眼内炎とは

穿孔性眼外傷や内眼手術後原田病と同様、両眼性汎ぶどう膜炎を生じる疾患のことを交感性眼内炎と言います。ぶどう膜が全身の免疫に曝露され、自己のメラニン蛋白に対するT細胞性免疫によって発症する。

以前に比べ、小切開による手術が行われるようになり、その頻度は減少してきている。また、原因となった眼を起交感眼、僚眼を非交感眼という。治療は原田病と同様である。

Vogt-小柳-原田病(VKH)この記事では原田病について解説しています。原田病について知りたい方は必見です。...

参考文献

  1. 今日の眼疾患治療指針第3版

関連記事

ぶどう膜とその疾患このページではぶどう膜とその疾患についてのリンクを掲載しています。...

オンライン眼科のサポート