網膜とその疾患

星状硝子体症

星状硝子体症とは

60歳以上の高齢者にみられる、硝子体線維の変性が原因となる疾患である。星状体が硝子体のコラーゲン線維内に沈着し、硝子体の変性を生じるとされている。

星状体はカルシウム含有リン脂質、ムコ多糖が主体で、黄白色で球状の粒子が硝子体中に浮遊し眼球運動とともに可動性を呈する。眼球運動を止めると元の位置に戻る。硝子体は液化していなく、網膜との癒着が強固で後部硝子体剥離も生じにくい。

80%は片眼性で、自覚症状は乏しい糖尿病に合併することもある。

閃輝性硝子体融解であれば、硝子体は液化し、コレステロール結晶である粒子は扁平で尖っている。黄白色や金色にキラキラと輝き、硝子体腔下方に沈殿して眼球運動により硝子体腔内に舞い上がる。

星状硝子体症の治療

通常は飛蚊症を自覚せず、視力良好のため治療を必要としないことが多い。混濁が強く視力障碍があれば硝子体手術を行う。白内障手術を行う場合は、屈折値や測定誤差を生じることがあるため注意する。

参考文献

  1. 今日の眼疾患治療指針第3版

関連記事

網膜硝子体診療アップデート眼科臨床実践講座2019〜網膜硝子体診療アップデート〜の備忘録です。2020年受講予定の方は復習にご利用ください。...

ABOUT ME
ドクターK
オンライン眼科編集長兼眼科医プロライター/祖母の死→医師を目指す→一浪し眼科医/プロライターとしても500以上の記事を執筆/目の健康、眼科に関する記事をほぼ毎日作成/一緒にお仕事して下さる方はDMして下さい!目の健康に関する情報よ全国へ届け!