目の病気

Argyll Robertson瞳孔

Argyll Robertson瞳孔とは

縮瞳と対光反射の欠如、および近見反応による縮瞳は保たれるLight -near dissociation(対光―近見反応解離)がみられ、しばしば瞳孔形態異常を伴う。通常両眼性で視路障害は伴わない。神経梅毒、特に脊髄癆に合併することが多いとされてきたが、近年、糖尿病、脳血管障害、脱髄などに伴うことが多くなっている。治療は各原因疾患に応じた治療を行う。

鑑別としては、pseudo Argyll Robertson瞳孔を示す視蓋瞳孔や、瞳孔緊張症がある。視蓋瞳孔の瞳孔は中等度散瞳しており、Parinaud症候群を呈していることも多い。また、瞳孔緊張症は片側性で、輻輳時に縮瞳した状態が輻輳弛緩後もしばらく続き、ゆっくりと元の大きさに戻る。さらに、瞳孔緊張症は低濃度副交感神経作動薬(0.1%ピロカルピンや2.5%メコリール)などで縮瞳するが、Argyll Robertson瞳孔では縮瞳しない。

 

緊張瞳孔症

瞳孔反応が緩徐で、緊張性の反応を示す。若年女性が70%と多く、この瞳孔反応を示す疾患はAdie症候群、Ross症候群など多岐にわたる。

 

視蓋瞳孔

松果体腫瘍などにより、対光反射が消失し、病期が進行すると瞳孔の大きさが徐々に中等度に散瞳してくる。

参考文献

  1. 今日の眼疾患治療指針第3版

関連記事

相対的瞳孔求心路障害(RAPD、Marcus Gunn瞳孔)網膜や視神経が障害されると、障害側では直接対光反射の縮瞳速度が遅く、鈍くなり、反応量が減弱します。これを相対的瞳孔求心路障害(RAPD、Marcus Gunn瞳孔)といいます。この記事ではそんな相対的瞳孔求心路障害(RAPD、Marcus Gunn瞳孔)について解説しています。...

ABOUT ME
doctorK
学生時代より執筆活動を始め、現在まで500本以上の医療記事を執筆しました。現在は眼科医として勤務しながら、自身の記事をアップするため『オンライン眼科』を設立しました。ライティングのオンラインサロン『医療ライターたち』への参加、お仕事依頼は問い合わせページからお願いいたします。