勉強用

橋性縮瞳

橋性縮瞳とは

橋の障害、特に橋出血では非常に強い縮瞳がみられることがある。瞳孔径は1㎜程度にまで縮瞳しているが、対光反射と近見反応による縮瞳は温存されている。延髄傍正中網様体から上行性にE-W核を抑制する経路があり、その抑制線維が障害され、E-W核が異常に興奮し強い縮瞳をきたすと考えられている。治療は原因疾患に対して行うが、脳幹部出血であるため生命予後が不良な例もある。

近見反応

近くを見ようとするとき、輻輳、調節、縮瞳という近見反応の3徴候が現れる。

参考文献

  1. 今日の眼疾患治療指針第3版

関連記事

頭蓋内圧亢進症状による眼所見頭蓋内圧亢進症状による眼所見として、うっ血乳頭と外転神経麻痺などがあります。この記事ではうっ血乳頭と外転神経麻痺について解説しています。...

ABOUT ME
doctorK
学生時代より執筆活動を始め、現在まで500本以上の医療記事を執筆しました。現在は眼科医として勤務しながら、自身の記事をアップするため『オンライン眼科』を設立しました。ライティングのオンラインサロン『医療ライターたち』への参加、お仕事依頼は問い合わせページからお願いいたします。