瞳孔

Horner症候群

Horner症候群とは

眼交感神経系の障害で、眼所見や全身所見に多彩な症状を示し、障害部位に応じて中枢性、節前性、節後性の3つに分類できる。

具体的な症状として、縮瞳、暗所で著名な瞳孔不同を呈すが、対光反射は正常である。また、軽度眼瞼下垂、下眼瞼の上昇、瞼裂狭小、見かけ上の眼球陥凹、調整幅の拡大、虹彩異色症、涙液分泌低下、眼圧低下、結膜充血、発汗異常などを認める。

Horner症候群の部位別の原因

1.中枢性

  • 脳幹梗塞・出血・腫瘍
  • 脊髄小脳変性症
  • 延髄空洞症
  • 変形性頚椎症

2.節前性

  • 肺尖部腫瘍
  • 縦隔腫瘍
  • 頸部手術
  • 星状神経節ブロック
  • 分娩時腕神経叢下部損傷

3.節後性

  • 頚動脈周囲の腫瘍
  • 頸部の手術や外傷
  • 頚動脈の解離性動脈瘤
  • 海綿静脈洞の病変
  • 鼻咽頭腫瘍
  • 群発頭痛

Horner症候群の診断

Horner症候群の診断は容易だが、障害部位を特定するため1%アプラクロニジン塩酸塩(アイオピジン®点眼薬)を用いる。この薬剤を投与後、正常であれば変化ないか、縮瞳する。一方で、Horner症候群では点眼30~60分後に散瞳をきたし、点眼前後で瞳孔不同が左右逆転する

発汗異常も重要で、患側の発汗低下は中枢性では全身の半側に、節前性では顔面半側に、節後性では前額内側と鼻尖部に起こり、発汗低下部位のほてりや紅潮をきたす。

Horner症候群の治療

原疾患の治療を優先し、全身に異常がなければ経過観察で良い。

参考文献

  1. 今日の眼疾患治療指針第3版

関連記事

橋性縮瞳橋の障害、特に橋出血では非常に強い縮瞳がみられることがあります。この記事ではそんな橋性縮瞳について解説しています。...

ABOUT ME
doctorK
学生時代より執筆活動を始め、現在まで500本以上の医療記事を執筆しました。現在は眼科医として勤務しながら、自身の記事をアップするため『オンライン眼科』を設立しました。ライティングのオンラインサロン『医療ライターたち』への参加、お仕事依頼は問い合わせページからお願いいたします。