勉強用

薬物中毒に伴う瞳孔異常

薬物中毒に伴う瞳孔異常

1.散瞳を生じる薬物

  1. アトロピン内視鏡など消化管検査の前投薬酔い止め薬としても幅広く用いられている。瞳孔散大とともに強い調節麻痺を生じる。
  2. d-クロルフェニラミンマレイン酸塩:アレルギー性鼻炎、蕁麻疹に効果のあるH1ヒスタミン受容体遮断薬で市販薬にも含まれる。弱い散瞳を生じることがある。
  3. その他:コカイン、ボツリヌス中毒でも瞳孔は散大しうる。

2.縮瞳を生じる薬物

  1. モルヒネ:比較的少量でも瞳孔は縮瞳する。
  2. 抗アセチルコリンエステラーゼ阻害薬:通常量の内服では明らかな縮瞳を生じることはまれ。中毒量や眼瞼挙上目的で使用する点眼薬では、縮瞳調節けいれんを生じることがある。
  3. その他:有機リン系の農薬中毒、サリン中毒では極小瞳孔調節けいれんを生じる。

参考文献

  1. 今日の眼疾患治療指針第3版

関連記事

眼科の教科書に載っている、眼に影響が出る薬一覧 ※参考文献を下にしています。診療科別で薬の眼に出る副作用を一覧にしています。誤りを見つけましたら、お手数ですがコメント欄にお願い致し...

ABOUT ME
doctorK
学生時代より執筆活動を始め、現在まで500本以上の医療記事を執筆しました。現在は眼科医として勤務しながら、自身の記事をアップするため『オンライン眼科』を設立しました。ライティングのオンラインサロン『医療ライターたち』への参加、お仕事依頼は問い合わせページからお願いいたします。