目の病気

Fisher症候群

Fisher症候群とは

急性の外眼筋麻痺・運動失調・腱反射消失を3徴とする自己免疫性ニューロパチーである。また、ガングリオシド(GQ1b)抗体8090%で検出されることが知られている。眼運動神経(動眼神経、外転神経、滑車神経)は他の神経よりもGQ1b抗体が多く存在しているため、Fisher症候群では外眼筋麻痺を生じると考えられている。男性が2倍多く(男女比2:1)、平均発症年齢は40歳とされる。

Fisher症候群の症状

多くは上気道感染後1週間程度で、複視またはふらつきで発症する。3徴以外にも瞳孔異常、眼瞼下垂、顔面神経麻痺、球麻痺などを認めることがある。

Fisher症候群の診断

髄液の蛋白細胞解離を認め、血清抗GQ1bが陽性で、画像検査は正常であることが重要である。

Fisher症候群の治療と予後

ほとんどの症例は自然寛解する。外眼筋麻痺は3か月程度で寛解し、予後は比較的良好とされる。再発も少ない。

参考文献

  1. 今日の眼疾患治療指針第3版

関連記事

重症筋無力症(MG)眼瞼下垂や複視を初発症状とすることが多い疾患として重症筋無力症が挙げられます。この記事ではそんな重症筋無力症の診断や治療に関して解説しています。...

ABOUT ME
ドクターK
オンライン眼科編集長兼眼科医プロライター/祖母の死→医師を目指す→一浪し眼科医/プロライターとしても500以上の記事を執筆/目の健康、眼科に関する記事をほぼ毎日作成/一緒にお仕事して下さる方はDMして下さい!目の健康に関する情報よ全国へ届け!