斜視・弱視

交代性上斜位(DVD)

DVDとは

DVDは非固視眼が上転する間欠性上斜視で、片眼のみが上転するという特徴がある。1歳半から3歳の間に顕在化する。疲労時あるいは眠い時に片方の眼がゆっくりと上転するため、他人が気付くことが多い。乳児内斜視に合併することが多く、水平斜視角が動揺しやすい。また、下斜筋過動や上斜筋過動、潜伏眼振、弱視などを伴うことも多い。

DVDの診断

片眼を遮蔽すると遮蔽眼が上転し、他眼に遮蔽を移すと今まで上転していた眼が下降し、新たに遮蔽した眼が上転することで診断できる。

DVDの治療と予後

日常生活で斜視が目立てば手術を考慮し、手術をする場合は上直筋後転や下斜筋前方移動術などから選択する。片眼術後に他眼の上転が目立つことがあり、他眼を行うと、最初に手術した方が再度上転することがある。

参考文献

  1. 今日の眼疾患治療指針第3版

関連記事

乳児内斜視生後半年以内の乳児に常に内斜視がみられることがあります。この記事ではそんな乳児内斜視について解説しています。...

ABOUT ME
ドクターK
オンライン眼科編集長兼眼科医プロライター/祖母の死→医師を目指す→一浪し眼科医/プロライターとしても500以上の記事を執筆/目の健康、眼科に関する記事をほぼ毎日作成/一緒にお仕事して下さる方はDMして下さい!目の健康に関する情報よ全国へ届け!