目の病気

輪部デルモイド

輪部デルモイドとは

角膜、輪部、結膜に生じる分離腫で、充実性の良性腫瘍である。特に、輪部デルモイドが最も多く、下耳側輪部に発生しやすい。発症は突発性であり、出生時より片眼性にみられ、大きさは直径3~10㎜程度である。

デルモイドは内容が毛髪、皮膚、歯などの外胚葉由来の組織、あるいは脂肪組織、軟骨などの中胚葉由来の組織からなる。また、輪部デルモイドでは副耳や耳瘻孔などの耳の異常、脊柱の異常を合併することがあり、これをGoldenhar症候群と言う。

輪部デルモイドの治療

角膜乱視を生じていれば乱視矯正を行い、角膜中央部まで及ぶことがあれば早期手術の適応となる。デルモイドの単純切除だけでは再発や偽翼状片が高頻度にみられ、また、角膜実質に及ぶ場合は、切除で角膜菲薄化を誘発するため、表層角膜移植を併用することがある。

参考文献

  1. 今日の眼疾患治療指針第3版

関連記事

眼瞼腫瘍眼にはものもらいをはじめ、様々な種類の腫瘍を認めます。この記事ではそんな眼瞼腫瘍について解説しています。...

ABOUT ME
doctorK
オンライン眼科編集長兼眼科医プロライター/祖母の死→医師を目指す→一浪し眼科医/プロライターとしても500以上の記事を執筆/目の健康、眼科に関する記事をほぼ毎日作成/一緒にお仕事して下さる方はDMして下さい!目の健康に関する情報よ全国へ届け!