眼窩とその疾患

頚動脈海綿静脈洞瘻(CCF)

CCFとは

CCFは内頚動脈または外頚動脈から海綿静脈洞へ瘻孔が形成される状態で、海綿静脈洞圧が上昇する。Direct CCFは特発性が多く、外傷性でも生じる。一方のDural CCFでは先天性動静脈奇形(AVM)や高血圧、糖尿病などが原因となる。

CCFの分類

1)Direct CCF

内頚動脈本幹から海綿静脈洞へ直接流入するCCFで、一般的に短絡量が多いため症状は重度とされる。

2)Dural CCF

内頚動脈または外頚動脈の硬膜穿通枝から海綿静脈洞へ流入するCCFで、一般的に短絡量は少ないため症状は軽度とされる。また、慢性の経過をとるとされる。

CCFの症状

拍動性眼球突出、血管雑音、結膜の充血浮腫を三徴とする。一般的には片側性とされる。また、海綿静脈洞近傍には動眼神経、滑車神経、三叉神経、外転神経が走行しているため、それら麻痺による各症状をきたしうる(眼球運動障害による複視など)。

他にも、上強膜静脈圧の上昇による眼圧上昇、網膜出血、網膜静脈の蛇行・拡張、網膜中心静脈閉塞、脈絡膜剥離、眼痛・頭痛、耳鳴などの症状を認めることがある。

Dural CCFは下錐体静脈洞などへ主に流出することで、上眼静脈への逆流が乏しいことがある。その場合、海綿静脈洞圧上昇の各症状を認めるが、結膜の充血浮腫などを認めないケースが存在する。

CCFの診断

診断はCT・MRIを行い、上眼静脈の拡張および海綿静脈洞、外眼筋の腫大を確認する。さらにMRIでは、正常の海綿静脈洞は血流速度が遅いため増強効果を認めるが、CCFでは血流速度が速いため無信号となる。しかし、確定診断には脳血管撮影が必須であり、内頚動脈または外頚動脈から海綿静脈洞への動静脈短絡を確認する。

CCFの治療と予後

脳外科にコンサルトし、治療方針を決定する。短絡量が少なければ数か月後に自然閉鎖することもあるため、眼症状が乏しければ経過観察を検討することもある。しかし、短絡量が多く、持続的な眼圧上昇や視力低下、複視を認める場合、自然閉鎖が難しい場合には外科的治療の適応となる。もしCCFを放置すれば海綿静脈洞破裂や脳出血、くも膜下出血をきたすことがあるので注意が必要である。

参考文献

  1. 今日の眼疾患治療指針第3版

関連記事

眼窩先端部症候群、上眼窩裂症候群、海綿静脈洞症候群眼窩先端部症候群、上眼窩裂症候群、海綿静脈洞症候群について皆さんは説明できますか?この記事ではそれぞれの違い、原因・治療について解説しています。...

ABOUT ME
ドクターK
オンライン眼科編集長兼眼科医プロライター/祖母の死→医師を目指す→一浪し眼科医/プロライターとしても500以上の記事を執筆/目の健康、眼科に関する記事をほぼ毎日作成/一緒にお仕事して下さる方はDMして下さい!目の健康に関する情報よ全国へ届け!