勉強用

特発性眼窩炎症(眼窩炎性偽腫瘍)

特発性眼窩炎症(眼窩炎性偽腫瘍)とは

眼窩に発症した、非感染性の炎症を特発性眼窩炎症(眼窩炎性偽腫瘍)という。眼窩腫瘍と同様、眼球突出や眼瞼腫脹をきたすのでこのような名前が付いている。

特発性眼窩炎症(眼窩炎性偽腫瘍)の診断

急性から亜急性に発生する眼瞼腫脹や眼球突出、眼球偏位で疑い、CTおよびMRIなど画像検査を行う。特に、T2強調STIR法とT1強調ガドリニウム造影脂肪抑制併用が優れる。いずれの場合も高信号域として描出される。診断のための生検は、急性期と治療前に行うと治療後に眼球運動障害などをきたすため避けることが多い。

特発性眼窩炎症(眼窩炎性偽腫瘍)の治療と予後

ステロイド内服による治療が一般的だが、自然寛解することもある。そのため、疼痛などの症状が強くなければ経過観察することもある。

ステロイド内服をする場合、1日0.25~1.0㎎/kgのプレドニゾロン(PSL)から開始し、3-6か月の投与中止を目途に漸減していく。しかし、漸減中に再発する例はしばしば存在する。再発や難治例の場合は放射線治療やメトトレキサートなどの免疫抑制剤を試すことがある。

ステロイドに対する反応性は良く、再燃を防ぐためゆっくり漸減していく。まれに遷延性の難治例となる場合はある。外眼筋に局在するものは予後が良好とされる。

参考文献

  1. 今日の眼疾患治療指針第3版

関連記事

眼窩蜂巣炎眼窩隔膜よりも深部の眼窩組織に発生した蜂巣炎のことで、皮膚科や耳鼻科とともに治療が必要になりうる疾患です。この記事ではそんな眼窩蜂巣炎について解説しています。...

ABOUT ME
doctorK
学生時代より執筆活動を始め、現在まで500本以上の医療記事を執筆しました。現在は眼科医として勤務しながら、自身の記事をアップするため『オンライン眼科』を設立しました。お仕事依頼は問い合わせページからお願いいたします。