勉強用

先天無虹彩

先天無虹彩とは

先天的に虹彩が無い状態で、約5~10万人に1人の頻度で発症する。男性に多く、両眼性が60~90%とされ、全体の2/3は常染色体優性遺伝PAX6遺伝子が関与)とされる。

PAX6遺伝子はWT1遺伝子と隣接している。WT1遺伝子はWilms腫瘍の原因遺伝子であるため、先天無虹彩とWilms腫瘍が合併する隣接遺伝子症候群をきたすことがある。

先天無虹彩の症状

羞明、眼振、固視不良などを認める。

先天無虹彩の合併症・併発症

他の眼合併症として、白内障(20歳までに50~85%、Zinn小帯は脆弱)、水晶体偏位、緑内障、角膜混濁、黄斑低形成、視神経低形成などを認めることがある。特に、黄斑低形成を合併すると視力予後は不良とされる。

先天無虹彩の診断

細隙灯顕微鏡によって診断は容易だが、上述したWilms腫瘍を合併していないかを確認する必要がある。

先天無虹彩の治療

屈折異常があれば眼鏡等で屈折矯正を行う。また、羞明が強い場合は遮光眼鏡虹彩付きコンタクトレンズを用いることがある。また、白内障、緑内障、角膜混濁などの併発症については各疾患に対する治療を行う。

参考文献

  1. 今日の眼疾患治療指針第3版

関連記事

黄斑低形成先天的に黄斑部が形態的・機能的に欠損している状態を黄斑低形成と言います。この記事ではそんな黄斑低形成について解説しています。...

ABOUT ME
doctorK
学生時代より執筆活動を始め、現在まで500本以上の医療記事を執筆しました。現在は眼科医として勤務しながら、自身の記事をアップするため『オンライン眼科』を設立しました。お仕事依頼は問い合わせページからお願いいたします。