緑内障

原発開放隅角緑内障(POAG)

原発開放隅角緑内障(POAG)とは

POAGは、

  1. 隅角検査で正常隅角
  2. 眼圧≧22mmHg
  3. 視神経乳頭の緑内障性変化とそれに相当する視野欠損あり

これらを満たす。POAGの眼圧が上昇するのは、隅角と線維柱帯における機能的な房水流出障害によるとされる。

また、POAGの頻度は多治見スタディによれば0.3%、久米島スタディでは0.7%とされる。家族歴もしばしばみられ、現在では多くの遺伝子座が特定されており、今後さらに詳細が明らかになってくると思われる。

POAGの症状

初期の視野欠損は自覚されにくく、多くは健診等で異常を指摘されることが多い。自覚症状が出る頃には、部分的な視野欠損を認めるなど進行している例も少なくない。

POAGの診断

POAGの診断は上記の①~③に加え、「他に眼圧上昇を生じる原因がない」ことから診断できる。

  1. 隅角検査で正常隅角
  2. 眼圧≧22mmHg
  3. 視神経乳頭の緑内障性変化とそれに相当する視野欠損あり

緑内障における視神経乳頭所見

  • 陥凹拡大
  • ノッチング
  • リム(辺縁部)の菲薄化
  • 網膜神経線維層欠損(NFLD)
  • 乳頭出血
  • 傍乳頭網脈絡膜萎縮
  • ラミナドットサイン

視野検査は静的量的視野検査が主体で、通常の診断と経過観察には中心24~30度の測定を用いる。また、より早期の視野障害を検出する方法として、FDTやSITA-SWAPなどが用いられている。

POAGの治療

POAGの治療方針としては、初期治療においては眼圧の目標値はまずhigh teen以下とする。その後、中期でmiddle teen、low teenを目標とする。これら目標値を達成するため、薬物治療と外科的治療を行う。

1.薬物治療

POAGの治療はまず薬物治療を行い、単剤の眼圧下降薬から始め、進行に応じて点眼を追加していく。現時点ではプロスタグランジン関連薬を第一選択、β遮断薬を第二選択、それ以降は炭酸脱水素酵素阻害薬、α2作動薬、ROCK阻害薬や選択的EP2受容体作動薬が使用される。さらに、2010年より配合剤が使用可能となり、点眼回数を増やすことなく、複数の薬剤の効果を作用させることができる。

2.外科的治療

薬物治療を十分に行っても進行傾向であれば手術適応となる。POAGの術式は、主に線維柱帯切開術線維柱帯切除術がある。2012年にはチューブシャント手術が認可された。他にも、バルベルト®緑内障インプラント手術、エクスプレス・マイクロチューブシャント手術などが行われる。

POAGの予後

POAG単独で重篤な視機能障害まで至る例そのものは稀とされるが、ロービジョン外来を受診した緑内障患者では、POAG患者の割合が最も高いとされる。

参考文献

  1. 今日の眼疾患治療指針第3版

関連記事

緑内障概論緑内障概論を解説しています。...

ABOUT ME
ドクターK
オンライン眼科編集長兼眼科医プロライター/祖母の死→医師を目指す→一浪し眼科医/プロライターとしても500以上の記事を執筆/目の健康、眼科に関する記事をほぼ毎日作成/一緒にお仕事して下さる方はDMして下さい!目の健康に関する情報よ全国へ届け!