目の病気

貧血性網膜症

貧血性網膜症とは

貧血によって両眼性に網膜出血が起こることを貧血性網膜症という。貧血により網膜組織への酸素供給が不十分となり、血管壁が破綻してしまう。

貧血性網膜症の症状

多くは無症状で、偶然発見されることが多い。しかし、黄斑部に出血が生じると視野異常を自覚したり、中心窩に出血が及び網膜浮腫が生じると視力が低下したりする。

貧血性網膜症の診断

眼底検査あるいは眼底写真で網膜出血が確認でき、貧血以外に原因が考えられなければ診断となる。

貧血性網膜症の治療と予後

眼科的な治療はなく、貧血に対する加療を行う。貧血改善に伴い、網膜出血も消退するが、数カ月かかる場合もある。

参考文献

  1. 今日の眼疾患治療指針 第3版

関連記事

糖尿病網膜症(DR)糖尿病網膜症は糖尿病の合併症のうち、最も重要な合併症の一つです。後天性の失明原因で常に上位を占め、今後も患者さんの数は多いと思われます。そこで、この記事では糖尿病網膜症について解説しています。...

ABOUT ME
doctorK
オンライン眼科編集長兼眼科医プロライター/祖母の死→医師を目指す→一浪し眼科医/プロライターとしても500以上の記事を執筆/目の健康、眼科に関する記事をほぼ毎日作成/一緒にお仕事して下さる方はDMして下さい!目の健康に関する情報よ全国へ届け!