目の病気

Ehlers-Danlos症候群

Ehlers-Danlos症候群とは

特徴的な皮膚、関節異常を併発する遺伝性眼疾患で、常染色体劣性遺伝を呈する。皮膚の過伸展や関節の過可動が特徴的で、眼所見としては内眼角贅皮、眼瞼弛緩・下垂、高度近視、円錐角膜、青色強膜を認める。さらに、眼側弯型では、網膜剥離や水晶体脱臼、眼球破裂を合併し、血管型では内頚動脈海綿静脈洞瘻や網膜下出血・硝子体出血を合併しやすい。

Ehlers-Danlos症候群の症状

合併する眼疾患による症状を呈する。

Ehlers-Danlos症候群の診断

特徴的な皮膚、関節症状と家族歴から診断する。

Ehlers-Danlos症候群の治療

合併する眼疾患に応じた治療を行う。

参考文献

  1. 今日の眼疾患治療指針 第3版

関連記事

(裂孔原性)網膜剥離ボクシング選手がなりやすい網膜剥離ですが、実は誰しがなりうる病気です。放っておくと失明する怖い病気です。あなたは網膜剥離の初期症状を答えることができますか?答えられない方はこの記事をご覧ください。...

ABOUT ME
ドクターK
オンライン眼科編集長兼眼科医プロライター/祖母の死→医師を目指す→一浪し眼科医/プロライターとしても500以上の記事を執筆/目の健康、眼科に関する記事をほぼ毎日作成/一緒にお仕事して下さる方はDMして下さい!目の健康に関する情報よ全国へ届け!