目の病気

多発性骨髄腫

多発性骨髄腫とは

形質細胞が腫瘍性に増殖する。50歳以上の男性に多い。貧血、腰痛、蛋白尿の3大症状に加え、下記眼症状を認める。

  1. 神経眼科的所見(約50%)が最も多い
    ・腫瘍浸潤による眼瞼腫脹、眼窩腫瘍、乳頭浮腫など
    ・骨破壊による疼痛、圧迫による眼球突出
    眼窩内浸潤は多発性骨髄腫の初期症状の可能性がある。また、視神経、動眼神経、外転神経の障害を受けやすい。
    ・前房内に腫瘍細胞が浸潤すると、偽前房蓄膿の所見を呈することがある。
  2. 血液粘稠度の亢進による症状が現れる
    ・眼瞼の出血斑、網膜血管の火炎状網膜出血、静脈の拡張、網膜細血管瘤、血管閉塞など。
    ・網膜中心動脈閉塞症、網膜中心静脈分枝閉塞症、漿液性網膜剥離も報告されている。
    ・毛様体、毛様体扁平上皮部には嚢胞形成を認める。

多発性骨髄腫の治療

局所では放射線治療を行う。眼窩内浸潤に対して20~40Gyで照射する。また、それぞれの眼症状に対して加療を行う。全身治療は血液内科にて行われることが多い。

参考文献

  1. 今日の眼疾患治療指針 第3版

関連記事

白血病と悪性リンパ腫この記事では白血病と悪性リンパ腫と眼疾患について説明しています。...

ABOUT ME
doctorK
オンライン眼科編集長兼眼科医プロライター/祖母の死→医師を目指す→一浪し眼科医/プロライターとしても500以上の記事を執筆/目の健康、眼科に関する記事をほぼ毎日作成/一緒にお仕事して下さる方はDMして下さい!目の健康に関する情報よ全国へ届け!