目の病気

潰瘍性大腸炎

潰瘍性大腸炎とは

潰瘍性大腸炎はCrohn病とともに炎症性腸疾患として知られている。潰瘍性大腸炎は大腸、特に直腸粘膜と粘膜下層に潰瘍を形成する非特異的炎症性疾患である。腸管外合併症として、皮膚、関節、膵臓などがあるが、眼合併症は10%以下にみられると報告がある。

潰瘍性大腸炎の眼症状

眼病変として、前部ぶどう膜炎、脈絡網膜症、漿液性網膜剥離、急性後部多発性斑状色素上皮症、血管炎など数多くの眼合併症の報告がある。しかし、潰瘍性大腸炎に特異的な眼病変はない

潰瘍性大腸炎の治療

治療は潰瘍性大腸炎の治療と、生じた眼病変に対して加療を行う。

参考文献

  1. 今日の眼疾患治療指針 第3版

関連記事

全身疾患と目の疾患全身疾患のうち、目に症状が出る疾患について解説しています。...

ABOUT ME
doctorK
オンライン眼科編集長兼眼科医プロライター/祖母の死→医師を目指す→一浪し眼科医/プロライターとしても500以上の記事を執筆/目の健康、眼科に関する記事をほぼ毎日作成/一緒にお仕事して下さる方はDMして下さい!目の健康に関する情報よ全国へ届け!