眼外傷

穿孔性眼外傷(裂傷および眼球破裂)

穿孔性眼外傷(裂傷および眼球破裂)とは

比較的鋭利な刃物や釘などによる鋭的な外圧による狭義の穿孔と、ボールや手などによる鈍的な外圧による眼球破裂とがある。

穿孔は創口が小さく、前眼部に限定されており、前房出血や外傷性白内障などがなければ比較的視力予後は良好とされる。一方で、創口が大きく眼内組織が脱出していたり、後眼部に創が及んでいる場合などは、網膜剥離や増殖性硝子体網膜症などをきたすため予後不良とされる。

眼球破裂は眼球内圧上昇と、衝撃波により間接的に強膜開放創を形成することが多い。そして、眼内組織が損傷したり、脱出が高度となったりして、予後不良例が多いとされる。

穿孔性眼外傷(裂傷および眼球破裂)の診断

細隙灯顕微鏡検査眼底検査だけでなく、残存する異物や眼球形態の変化がないか、超音波やXp、CTなど画像検査を行う。

穿孔性眼外傷(裂傷および眼球破裂)の治療

感染と眼球内容脱出を回避する目的で創閉鎖第一次手術として行う。その後、眼内組織の損傷の程度により水晶体切除、硝子体切除などを第二次手術として行う。

参考文献

  1. 今日の眼疾患治療指針第3版

関連記事

眼外傷この記事では眼外傷について解説しています。...

ABOUT ME
doctorK
オンライン眼科編集長兼眼科医プロライター/祖母の死→医師を目指す→一浪し眼科医/プロライターとしても500以上の記事を執筆/目の健康、眼科に関する記事をほぼ毎日作成/一緒にお仕事して下さる方はDMして下さい!目の健康に関する情報よ全国へ届け!