眼外傷

眼瞼裂傷

眼瞼裂傷とは

外傷により眼瞼に裂傷を生じることを眼瞼裂傷という。眼瞼の前葉(皮膚・眼輪筋)と後葉(眼瞼挙筋・Muller筋・結膜・瞼板)のどこまで裂傷が及んでいるかによって対応が異なる。

眼瞼裂傷の診断

まず眼球損傷の有無を評価する。眼球損傷があれば眼瞼よりも優先して処置を行う。眼瞼裂傷は、部位と深さ、異物の有無、組織の欠損などを評価するが、特に挙筋の断裂や涙小管断裂は必ずチェックする必要がある。

眼瞼裂傷の治療

1.軽症例

水平方向の浅い裂傷なら消毒・圧迫止血後にテープ固定するのみで十分である。

2.中等症例以上

①洗浄、止血、デブリードマン

  1. 浸潤麻酔後、創の洗浄を行う。
  2. 生理食塩水を用いて、汚物・異物を除去する。ここで、細かい異物があると疑われる場合には、手術顕微鏡下でその除去を行う。
  3. 次に、明らかに挫滅し汚染された組織のみを切除する。

②瞼縁・瞼板裂傷の手術

瞼縁に裂傷がある場合には適切な縫合をする必要がある。

参考文献

  1. 今日の眼疾患治療指針第3版

関連記事

涙小管断裂外傷などにより眼瞼裂傷を生じると、涙小管が断裂していることがあります。この記事ではそんな涙小管断裂について解説しています。...

ABOUT ME
doctorK
オンライン眼科編集長兼眼科医プロライター/祖母の死→医師を目指す→一浪し眼科医/プロライターとしても500以上の記事を執筆/目の健康、眼科に関する記事をほぼ毎日作成/一緒にお仕事して下さる方はDMして下さい!目の健康に関する情報よ全国へ届け!