眼外傷

涙小管断裂

涙小管断裂とは

眼瞼裂傷に伴い、涙小管に断裂を生じている状態を涙小管断裂という。

涙小管断裂の症状

流涙

涙小管断裂の診断

涙点より内側に眼瞼裂傷が及んでいれば、涙小管断裂を疑う。涙小管断裂の有無は、涙点から通水検査ブジー挿入で確認する。

涙小管断裂の治療

断裂があればできるだけ早期に涙小管再建術を行う。瘢痕化が進むと断端を探すことが困難になる。涙小管再建術後翌日より、抗菌薬ステロイド点眼を行い、皮膚縫合は5-7日後に抜糸する。

術後早期に通水検査は行わない。断裂部からリークがあると、創傷治癒が遅れることがある。よって、通水検査は術後2週間で初めて行う。なお、チューブの留置期間は、涙小管の縫合が確実に行えたかどうか、通水検査の状況などに応じて決定するが、通常は1~2カ月で抜去する。チューブ抜去後も2~3カ月間は2週間ごとに通水検査を確認する。

参考文献

  1. 今日の眼疾患治療指針第3版

関連記事

眼瞼裂傷外傷により眼瞼に裂傷を生じることを眼瞼裂傷と言います。子どものケガや事故などでしばしば見られます。この記事ではそんな眼瞼裂傷について解説しています。...

ABOUT ME
ドクターK
オンライン眼科編集長兼眼科医プロライター/祖母の死→医師を目指す→一浪し眼科医/プロライターとしても500以上の記事を執筆/目の健康、眼科に関する記事をほぼ毎日作成/一緒にお仕事して下さる方はDMして下さい!目の健康に関する情報よ全国へ届け!