目の病気

有機リンによる眼症状

有機リンとは

有機リンは抗コリンエステラーゼ作用を持ち、ムスカリン様作用、ニコチン様作用、中枢神経作用を起こす。

有機リンによる症状

急性期の症状

1.眼症状

視力低下、眼痛、視野狭窄、結膜充血など

2.全身症状

A.ムスカリン様作用によるもの

縮瞳、徐脈、分泌過多(涙、汗、鼻汁、唾液など)、下痢、嘔吐

B.ニコチン様作用によるもの

徐脈、高血糖、尿糖、線維束性収縮

C.中枢神経作用

不安、興奮、不眠、意識障害、昏睡、呼吸停止

慢性期の症状

1.眼症状

急性期の症状に加え、中心性暗点、近視化、直乱視化をきたす。眼球運動では上方注視麻痺が出現する。

2.全身症状

急性期の全身症状に加え、錐体路徴候、下肢固有感覚機能低下、めまい、勃起障害などをきたす。

診断

有機リンへの明らかな曝露上記症状、そして血球コリンエステラーゼ活性の低下を認めるとき診断できる。

治療

1.急性中毒の場合

全身管理、胃腸洗浄を行うと同時に、アトロピン2~5㎎を15~30分ごとに静注する。また、コリンエステラーゼ活性回復のため、プラリドキシム1000㎎を30分かけて投与する。

2.慢性中毒の場合

0.5㎎アトロピン1Aおよびプラリドキシム1000㎎を10%ぶどう糖100mlに混注して毎日点滴投与する。

参考文献

  1. 今日の眼疾患治療指針第3版

関連記事

眼科の教科書に載っている、眼に影響が出る薬一覧眼科で処方された目薬が全身に影響を及ぼすこともあれば、逆に全身の薬が眼に影響することがあります。この記事ではそんな薬の副作用について解説しています。...

ABOUT ME
doctorK
オンライン眼科編集長兼眼科医プロライター/祖母の死→医師を目指す→一浪し眼科医/プロライターとしても500以上の記事を執筆/目の健康、眼科に関する記事をほぼ毎日作成/一緒にお仕事して下さる方はDMして下さい!目の健康に関する情報よ全国へ届け!