目の病気

タバコ・アルコール弱視

タバコ・アルコール弱視とは

喫煙により、髄鞘を維持するのに必要な蛋白や脂質の合成障害によって脱髄をきたす。アストロサイトや間質の増加が起こり、さらに進行すると軸索変性から神経線維の脱落が生じるとされる。

とはいえ、喫煙のみで視神経障害を起こすことはないとされ、多量の飲酒歴とビタミンB12欠乏が合併して視神経症をきたすことが多いため、タバコ・アルコール弱視という。

タバコ・アルコールの症状

無痛性両眼性の視力低下、中心暗点をきたし、色覚異常を合併する。視神経乳頭は耳側が蒼白で、神経線維束欠損が見られる。

タバコ・アルコール弱視の診断

タバコ、アルコール摂取歴と栄養状態も確認する。検査では血中シアン濃度の上昇、一酸化炭素ヘモグロビンの増加を認める。

タバコ・アルコール弱視の治療

欠乏性視神経症の治療と同様で、喫煙・断酒と複合ビタミン製剤の投与(特にビタミンB12製剤の点滴静注)が有効とされる。

参考文献

  1. 今日の眼疾患治療指針第3版

関連記事

眼科の教科書に載っている、眼に影響が出る薬一覧眼科で処方された目薬が全身に影響を及ぼすこともあれば、逆に全身の薬が眼に影響することがあります。この記事ではそんな薬の副作用について解説しています。...

ABOUT ME
doctorK
オンライン眼科編集長兼眼科医プロライター/祖母の死→医師を目指す→一浪し眼科医/プロライターとしても500以上の記事を執筆/目の健康、眼科に関する記事をほぼ毎日作成/一緒にお仕事して下さる方はDMして下さい!目の健康に関する情報よ全国へ届け!