眼科で行う治療

選択的レーザー線維柱帯形成術(SLT)

選択的レーザー線維柱帯形成術(SLT)とは

SLTは選択的光加熱分解を応用し、周囲組織に障害なく線維柱帯の色素細胞のみを選択的に破壊する緑内障治療である。以前はアルゴンレーザーによる線維柱帯形成術(ALT)が行われていたが、SLTは照射エネルギーが格段に少なく、より安全な方法となっている。

選択的レーザー線維柱帯形成術(SLT)の適応

一般的に施行前眼圧が高いほど眼圧下降効果が大きく、POAG落屑緑内障が良い適応とされてきたが、NTGに対しても有効とされる。また、近年ではステロイド緑内障に対しても有効との報告があり、これら疾患は隅角も広く、線維柱帯への照射も比較的容易である。

一方で、良い適応でないのは、SLT施行後に炎症を惹起しかえって眼圧上昇を招く恐れがあるぶどう膜炎緑内障術後眼圧上昇PACGなどが挙げられる。

選択的レーザー線維柱帯形成術(SLT)の施行方法

施設により若干の差はあるが、概ね下記手順でSLTは施行している。

  1. SLT施行後は一過性に眼圧上昇しうるので、施行前にアプラクロニジンを点眼する。
  2. SLTの設定:QスイッチNd:YAGレーザー使用、照射時間3nsec、照射スポット直径400μmで、照射の際には隅角鏡(1面鏡など)を使用する。
  3. 照射は線維柱帯色素帯を中心に行う。パワーは照射部位に気泡が生じる最小のエネルギーで、スポットが重ならない程度に詰めて照射する。照射部位を見失わないよう、色素変化や虹彩突起を目印に行う。
  4. 施行後にもアプラクロニジンを点眼する。

※SLTの照射範囲は90°、180°、360°と範囲が広いほど、眼圧下降効果が大きくなる傾向があるとされるが、差はないとする報告もある。

選択的レーザー線維柱帯形成術(SLT)の合併症

SLT施行後は一過性に眼圧上昇をきたすが、術後1時間で6mmHg以上の眼圧上昇をきたすのは約3-4%とされる。また、軽微な虹彩炎をきたすことがあるが、1週間程度で消炎、周辺部虹彩前癒着形成はないとされる。その他にも結膜充血、霧視、重圧感などの合併症が65%程度生じると報告があるが、施行後数日で改善することが多い。

選択的レーザー線維柱帯形成術(SLT)の治療成績

SLTで眼圧下降が得られない症例が3割程度存在するが、点眼治療よりも同等以上の治療効果を認めるという報告もあり、その費用対効果の観点からも非常に有用な治療法である。また、レスポンダーであれば一定期間にわたり安定的な眼圧下降効果が持続するため、今後は緑内障治療の第一選択、第二選択として位置づけられる治療法になりうる。

参考文献

  1. あたらしい眼科Vol.37,No.2,2020

関連記事

緑内障概論この記事は緑内障概論を解説しています。緑内障概論を知りたい方は必見です。...

ABOUT ME
ドクターK
オンライン眼科編集長兼眼科医プロライター/祖母の死→医師を目指す→一浪し眼科医/プロライターとしても500以上の記事を執筆/目の健康、眼科に関する記事をほぼ毎日作成/一緒にお仕事して下さる方はDMして下さい!目の健康に関する情報よ全国へ届け!