脈絡膜とその疾患

脈絡膜転移性腫瘍

脈絡膜転移性腫瘍とは

脈絡膜転移性腫瘍は眼内の悪性腫瘍の中で最も頻度が高い。原発巣が女性は乳癌、男性は肺癌が多い。

脈絡膜転移性腫瘍の症状

自覚症状はほとんどが視力低下で、続発性網膜剥離があれば視野異常を自覚することもある。

脈絡膜転移性腫瘍の診断

病歴と眼底所見から診断できることが多い。

転移性脈絡膜腫瘍の眼底所見は多彩である。一般的には、白色や乳白色をした扁平な限局性の斑状病巣を形成し、次第に拡大や肥厚を認める。境界は明瞭・不明瞭どちらもありえ、片眼性・両眼性のことがある。しばしば周囲に漿液性網膜剥離を生じる。時に全剥離となりうる。

光干渉断層計(OCT)では網膜色素上皮が隆起を示し、凸凹な像を示す。漿液性網膜剥離や網膜の菲薄化が見られる。

Eye Rounds HPより引用

フルオレセイン蛍光眼底造影検査(FA)は病巣に一致して、造影早期から不規則な斑状過蛍光を示し、中~後期にかけて次第に過蛍光が増強する。しばしば病巣周囲に帯状の低蛍光領域が観察できる。

Eye Rounds HPより引用

脈絡膜転移性腫瘍の治療

放射線療法が著効することが多い。眼痛が強いときは眼球摘出術をすることがある。

参考文献

  1. 眼科学第2版
  2. あたらしい眼科37(1):33~39、2020
  3. 第126回日本眼科学会総会

関連記事

硝子体・網膜・脈絡膜とその疾患このページでは網膜・脈絡膜とその疾患についてのリンクを掲載しています。...

オンライン眼科のサポート