目の病気

その他の甲状腺疾患による目の病気

このページでは甲状腺機能低下症、副甲状腺機能亢進症、副甲状腺機能低下症について書いています。甲状腺機能亢進症(Basedow病)は『甲状腺機能亢進症(Basedow病)に伴う甲状腺眼症』をご覧ください。

甲状腺機能低下症

甲状腺機能低下症の原因として橋本病がほとんどで、眼組織にムコ多糖類が蓄積することで粘液水腫を起こし、眼瞼や結膜浮腫をきたすとされている。その他、眼瞼下垂、白内障、SPK+、外眼筋ミオトニーなどがあるが、それらの頻度は低い。

副甲状腺機能亢進症

副甲状腺機能亢進症では高カルシウム(Ca)血症になり、角膜、強膜、結膜にCaが沈着する。特に角膜のCa沈着は帯状角膜変性症をきたす。

副甲状腺機能低下症

約半数に白内障を認める。その他には結膜炎、角膜炎、そして10~20%に視神経乳頭浮腫を認めることがある。また、低Ca血症により、テタニーを生じ、顔面神経に及ぶと眼瞼けいれんとなることもある。

参考文献

  1. クオリファイ5全身疾患と眼(専門医のための眼科診療クオリファイ)

関連記事

甲状腺機能亢進症(Basedow病)に伴う甲状腺眼症甲状腺機能亢進症(Basedow病)によって甲状腺眼症が発症し、眼球が突出し、眼球運動障害、眼瞼腫脹などの症状が出現することがあります。この記事では甲状腺眼症について解説しています。...

ABOUT ME
ドクターK
オンライン眼科編集長兼眼科医プロライター/祖母の死→医師を目指す→一浪し眼科医/プロライターとしても500以上の記事を執筆/目の健康、眼科に関する記事をほぼ毎日作成/一緒にお仕事して下さる方はDMして下さい!目の健康に関する情報よ全国へ届け!