網膜とその疾患

偽黄斑円孔

偽黄斑円孔とは

黄斑部に円孔はあるが、全層円孔ではなく、黄斑上膜により相対的に中心部分がくぼんだ状態を偽黄斑円孔という。

偽黄斑円孔の症状

黄斑前膜と同様、視力低下歪視である。

黄斑前膜40歳以上の20人に1人はなる黄斑前膜。黄斑前膜についてまとめて説明しています。黄斑前膜を知りたい方は必見です。...

偽黄斑円孔の診断

光干渉断層計(OCT)を行い、全層の網膜欠損がないかを確認する。

偽黄斑円孔の光干渉断層計(OCT)

偽黄斑円孔の治療

視力良好で、自覚症状がなければ経過観察を行うことが多い。もし症状があれば硝子体手術を考慮する。硝子体手術では内境界膜剥離を行う。

偽黄斑円孔の予後

自然経過では視力が低下し、黄斑円孔に移行する例もあるため、数カ月ごとで経過観察を行う必要がある。

参考文献

  1. 今日の眼疾患治療指針第3版

関連記事

網膜・脈絡膜とその疾患このページでは網膜・脈絡膜とその疾患についてのリンクを掲載しています。...

オンライン眼科のサポート