網膜とその疾患

後部硝子体剥離(PVD)

後部硝子体剥離(PVD)とは

PVDは後部硝子体皮質が経年性もしくは病的変化により網膜から剥離した状態で、PVDは網膜硝子体疾患の予後判定や手術適応の決定に重要とされる。経年性PVDは正視眼で70歳代の70%程度に認め、近視眼ではその割合が高くなる。

  • 糖尿病網膜症において完全後部硝子体剥離(complete PVD)の状態であれば進行しないが、逆に後部硝子体剥離がなかったり(no PVD)、部分的であったり(partial PVD)すると網膜新生血管が発生し牽引性網膜剥離に進行する恐れがある。
  • 裂孔原性網膜剥離においてno PVDでは急速な網膜剥離の進行は少ないが、PCDに伴う弁状裂孔では急速に網膜剥離が進行する。硝子体ゲル内にタバコダストや出血を伴ったPVDはどこかに網膜裂孔があると思って診察すべきである。
糖尿病網膜症(DR)糖尿病網膜症は糖尿病の合併症のうち、最も重要な合併症の一つです。後天性の失明原因で常に上位を占め、今後も患者さんの数は多いと思われます。そこで、この記事では糖尿病網膜症について解説しています。...

後部硝子体剥離(PVD)の症状

PVDに伴う乳頭前グリア環などの硝子体混濁により飛蚊症を自覚する。PVDに伴う網膜格子状変性への牽引では光視症や網膜裂が現れ、黄斑部の牽引では視力低下、変視症を訴える。

後部硝子体剥離(PVD)の診断

PVDの有無は眼底所見と光干渉断層計(OCT)より判断することができる。

後部硝子体剥離(PVD)の治療

経年性のPVDに伴う飛蚊症は積極的な治療の必要性はないが、PVDに伴う網膜硝子体疾患はその疾患に応じたちりょうを行う。

参考文献

今日の眼疾患治療指針第3版

関連記事

(裂孔原性)網膜剥離ボクシング選手がなりやすい網膜剥離ですが、実は誰しがなりうる病気です。放っておくと失明する怖い病気です。あなたは網膜剥離の初期症状を答えることができますか?答えられない方はこの記事をご覧ください。...

ABOUT ME
ドクターK
オンライン眼科編集長兼眼科医プロライター/祖母の死→医師を目指す→一浪し眼科医/プロライターとしても500以上の記事を執筆/目の健康、眼科に関する記事をほぼ毎日作成/一緒にお仕事して下さる方はDMして下さい!目の健康に関する情報よ全国へ届け!