目の病気

外傷性視神経障害

外傷性視神経障害とは

従来、外傷性視神経障害あ視神経管あるいは視束管骨折がその主因で、X線上視神経管骨折や視神経管の変形を伴うものと考えられてきた。しかし、視神経管骨折がなくても、前頭部や前額部、特に眉部を強打しても視神経障害をきたす症例が報告される。実際に、画像検査で変形が認められる症例は少ない。通常は受傷部位と同側の視力・視野障害をきたす。両側性の場合は視交叉部など、他の部位の損傷を考慮する必要がある。

外傷性視神経障害の診断

相対的瞳孔求心路障害(RAPD)(=点滅対光反射試験、Marcus Gunn瞳孔)が診断に最も重要とされる。光量としては、ペンライトなどの弱めの光の方がよい。RAPDについては下記記事を参考にしてください。

相対的瞳孔求心路障害(RAPD、Marcus Gunn瞳孔)網膜や視神経が障害されると、障害側では直接対光反射の縮瞳速度が遅く、鈍くなり、反応量が減弱します。これを相対的瞳孔求心路障害(RAPD、Marcus Gunn瞳孔)といいます。この記事ではそんな相対的瞳孔求心路障害(RAPD、Marcus Gunn瞳孔)について解説しています。...

外傷性視神経障害の治療

受傷後24~48時間以内に診断をつけ、視神経実質内の浮腫の軽減、消退を迅速かつ的確に行う必要がある。

  1. ステロイドパルス療法(プレドニンで1000㎎)を2~3日間
    or
  2. 大量ステロイド(プレドニゾロンで80~100㎎)と高張浸透圧薬(グリセオール®、D-マンニトール300~500ml)を3~7日間

その後の漸減については視力等経過から判断する。受傷後数週経過したものに対しても、ステロイドパルス療法を試みるが、視機能が安定するまでに1年ほど経過を見ることもある。

参考文献

  1. 今日の眼疾患治療指針第3版

関連記事

相対的瞳孔求心路障害(RAPD、Marcus Gunn瞳孔)網膜や視神経が障害されると、障害側では直接対光反射の縮瞳速度が遅く、鈍くなり、反応量が減弱します。これを相対的瞳孔求心路障害(RAPD、Marcus Gunn瞳孔)といいます。この記事ではそんな相対的瞳孔求心路障害(RAPD、Marcus Gunn瞳孔)について解説しています。...

ABOUT ME
doctorK
オンライン眼科編集長兼眼科医プロライター/祖母の死→医師を目指す→一浪し眼科医/プロライターとしても500以上の記事を執筆/目の健康、眼科に関する記事をほぼ毎日作成/一緒にお仕事して下さる方はDMして下さい!目の健康に関する情報よ全国へ届け!