屈折・調節異常

遠視

遠視とは

無調節状態で平行光線の焦点が網膜後方にある眼、または遠点が眼後方有限距離にある眼」と定義されている。この遠点に焦点が一致する凸(プラス)レンズで矯正される。レンズから遠点までが焦点距離f(m)で、その逆数がレンズの屈折力(D)である。

遠視の分類

  1. 屈折性弱視:無水晶体眼
  2. 軸性弱視:小眼球で、弱視のことが多い

さらに、調節との関連から遠視の程度が分類でき、

  1. 全遠視:顕性遠視+潜伏遠視
  2. 顕性遠視:随意遠視+絶対遠視
  3. 潜伏遠視:調節麻痺薬を用いて初めて検出される。
  4. 随意遠視:顕性遠視のうち、調節により代償的に強制される。
  5. 絶対遠視:顕性遠視のうち、調節により克服できず、凸(プラス)レンズによって初めて矯正される。

遠視の診断

屈折検査の自覚検査には雲霧法によるレンズ交換法、赤緑テストがあり、他覚検査にはレフラクトメータ、検影器、フォトレフラクタを用いる。また、小児では、屈折検査時に調節介入のため、調節麻痺屈折検査が必要になることが多い。

新生児では多くが+2D程度の遠視があり、6~7歳で通常正視となる。ただし、強い遠視があると弱視や調節性内斜視の原因となる。

遠視の治療

小児では原則完全矯正する。また、弱視予防、眼位や両眼視機能に留意する。成人では老眼の発現が早まる。遠視矯正にはエキシマレーザーによる屈折矯正手術や眼内レンズによる外科的治療も可能とされる。

参考文献

  1. 今日の眼疾患治療指針第3版

関連記事

近視この記事では近視について解説しています。...

ABOUT ME
ドクターK
オンライン眼科編集長兼眼科医プロライター/祖母の死→医師を目指す→一浪し眼科医/プロライターとしても500以上の記事を執筆/目の健康、眼科に関する記事をほぼ毎日作成/一緒にお仕事して下さる方はDMして下さい!目の健康に関する情報よ全国へ届け!