屈折・調節異常

近視

近視とは

無調節状態で平行光線の焦点が網膜前方にある眼、または遠点が眼前方有限距離にある眼」と定義されている。この遠点に焦点が一致する(マイナス)レンズで矯正される。レンズから遠点までが焦点距離f(m)で、その逆数がレンズの屈折力(D)である。

近視の分類

  1. 屈折性近視:眼軸長が正常範囲だが、屈折力が強すぎる。
  2. 軸性近視:屈折力は正常だが、眼軸長が長すぎる。

また、性状別で

  1. 単純近視:矯正視力良好で、屈折異常以外に視機能や眼底変性などを認めない。
  2. 病的近視:矯正視力不良で、その他の視機能及び眼底変性などを認める。

に分類できる。また、近視の程度によって、

  • 弱度近視:≦-3D
  • 中等度近視:-3D~-6D
  • 強度近視:-6D~ー10D
  • 最強度近視:-10D≦

近視の診断

屈折検査の自覚検査には雲霧法によるレンズ交換法、赤緑テストがあり、他覚検査にはレフラクトメータ、検影器、フォトレフラクタを用いる。

近視の治療

日常生活に不自由があれば、眼鏡およびコンタクトレンズを装用する。その他の矯正にはエキシマレーザーによる屈折矯正手術や眼内レンズによる外科的治療も可能でる。病的近視の合併症にはそれぞれに対する治療を行う。

参考文献

  1. 今日の眼疾患治療指針第3版

関連記事

遠視この記事では遠視について解説しています。...

ABOUT ME
doctorK
オンライン眼科編集長兼眼科医プロライター/祖母の死→医師を目指す→一浪し眼科医/プロライターとしても500以上の記事を執筆/目の健康、眼科に関する記事をほぼ毎日作成/一緒にお仕事して下さる方はDMして下さい!目の健康に関する情報よ全国へ届け!