目に関するブログ

「未熟児網膜症」ってなに?後遺症はあるの?

ドクターK
ドクターK
「赤ちゃんは未熟児網膜症です」

そう告げられたパパ・ママは不安や疑問がいっぱい。

「赤ちゃんの目はどうなるの?」「後遺症はないの?」心配なことはたくさんありますよね。今回は赤ちゃんの眼の病気「未熟児網膜症」を、元NICU看護師小田あかり(@Akari_writingns)とドクターKがわかりやすく解説していきます。

最後まで読むと、少しだけ未熟児網膜症について詳しくなり、不安がやわらぐ記事になっています。

未熟児網膜症はどんな病気ですか?

赤ちゃんの眼の血管は妊娠12~14週頃から成長をはじめ、妊娠30週頃に完成します。予定より早く産まれた赤ちゃんは、眼の奥にある網膜の血管の発達も未熟な状態です。

産まれた直後には網膜の血管の成長が止まるので、そこから異常な血管が生えることがあります。この状態を未熟児網膜症と呼んでいます。

どんな赤ちゃんがなりやすいですか?

小さく早く産まれた赤ちゃんは発症リスクがとても高く、重症化しやすいといわれています。

参考までに、東京都で2002年4~10月に生まれた1000g未満の赤ちゃんのうち、未熟児網膜症の割合は86.1%。治療が必要になった赤ちゃんは41.0%、重症と診断された赤ちゃんは4.9%でした。

未熟児網膜症はどうやって診断しますか?

生後1~3週間以降に眼科医が「眼底検査」を行い診断します。

未熟児網膜症は治りますか?

ごく軽度では、自然に治ることがほとんどです。

中等~重度では、レーザー治療や必要であれば手術を行います。2019年11月にラニビズマブが承認され、その治療に選択肢が増えました。

ただし、重度の場合にはレーザー治療を適切に行っていても、網膜剥離や視力低下・斜視のリスクが高く、最悪の場合失明する危険性があります。

未熟児網膜症(ROP)周産期医療の進歩に伴う超低出生体重児の致命率上昇によって、未熟性の高い患児にみられる未熟児網膜症の重症網膜症が増加しています。そこでこの記事では未熟児網膜症について解説しています。未熟児網膜症について知りたい方は必見です。...

気になる質問 ドクターが解説!

担当の先生には聞けない不安や質問。ドクターKがわかりやすくお答えします。

Q1.大人になったときに影響がありますか?後遺症はありますか?

軽度であれば、ほとんど心配はありません。中等度や重度の場合には、近視になりやすく乱視や斜視、網膜剥離などのリスクが高くなります。

だたし個人差がありますので、大きくなってからも、視力や眼の違和感などには注意しましょう。

Q2.見た目は変わりますか?

未熟児網膜症は眼の奥にある網膜の病気です。見た目には変わりがありません。

Q3.一生眼科に通院する必要がありますか?

軽度では退院時に、眼科の受診が不要になることがほとんどです。中等度以上は定期的に受診が必要です。重度では、生涯眼科受診が必要になる場合があります。

Q4.赤ちゃんのためにできることはありますか?

大きくなるまで継続的な受診が必要になることもあります。
医師の指示を守って、赤ちゃんの眼を大切にしていきましょう。 

まとめ

未熟児網膜症は自然によくなる赤ちゃんもいますが、治療が必要になる赤ちゃんがほとんどです。また、後遺症はゼロではない病気です。

私がNICUで働いていた頃も、パパ・ママは不安で心配なこと、不安なことをたくさん抱えていらっしゃいました。たくさんのご家族のご相談にのってきましたが、医療者には相談しにくいこともあると思います。

けれども、赤ちゃんの病状を一番わかっているのは、担当医の医師や看護師です。気になることを聞くことは迷惑でも、うるさい親でもありませんので、ぜひ相談してみてください。不安や疑問を解消して、みんなで赤ちゃんの眼をまもっていきたいですね。

参考文献

  1. 未熟児網膜症 日本小児眼科学会
  2. 未熟児網膜症 | 国立成育医療研究センター
  3. 未熟児網膜症(ROP) – 23. 小児の健康上の問題 – MSD …
  4. 平岡美依奈, ほか. 日本眼科学会雑誌. 2004; 108: 600-605

関連記事

ブログ一覧アルコールとタバコが目に与える影響 タバコと緑内障の意外な関係 タバコは良い!?アルコールはダメ!?翼状片になりやすいリスクとは...

オンライン眼科のサポート