全身疾患と目

小児虐待

小児虐待とは

虐待を受けた児が生じる眼合併症として、虐待性頭部外傷(AHT)、眼窩底骨折、外傷性視神経症、外傷性白内障、水晶体偏位などがある。本記事では、虐待性頭部外傷について解説する。

外傷性白内障目の周りをぶつけたり、交通事故などで顔の辺りをケガすると白内障が急に進行することがあります。この記事ではそんな外傷性白内障について解説しています。...
水晶体脱臼と偏位外傷によって水晶体脱臼したり、先天的な疾患により水晶体偏位をきたすことがあります。この記事ではそんな水晶体脱臼と偏位について解説しています。...

虐待性頭部外傷とは

揺さぶられっ子症候群(SBS)では、虐待者が乳幼児の方などをつかみ、児の頭を前後に強くゆさぶることで、完全に髄鞘化していない未熟な脳や眼球の網膜・硝子体・視神経に伝わり重篤な障害をきたす。

このSBSによって生じる網膜出血は感度85%、特異度94%とされ、虐待死した頭部外傷の乳幼児の85%に認めている。SBSによる網膜出血は後極を中心とした広範囲で、多層性・多発性の網膜出血を認め、重症であれば網膜周辺部まで数えきれないほどの網膜出血を認める。

SBS以外にもTerson症候群で網膜出血をきたしうるが、SBSに比べて薄く点状出血が出現する程度である。そのため、上記の網膜出血を認めた場合、小児科医と連携として診察を進めていく。虐待が確からしいと判断した場合、医師はその旨を通告する義務がある

参考文献

  1. 今日の眼疾患治療指針第3版

関連記事

全身疾患と目の疾患全身疾患のうち、目に症状が出る疾患について解説しています。...

ABOUT ME
doctorK
学生時代より執筆活動を始め、現在まで500本以上の医療記事を執筆しました。現在は眼科医として勤務しながら、自身の記事をアップするため『オンライン眼科』を設立しました。お仕事依頼は問い合わせページからお願いいたします。