目の病気

角膜知覚検査

角膜知覚検査の目的

角膜知覚の低下の有無を検査する。

角膜知覚検査の対象となる疾患

  1. 角膜ヘルペス
  2. 神経麻痺性角膜症
  3. その多角膜知覚低下が生じうる疾患(糖尿病角膜症、コンタクトレンズ装用者など)
ヘルペス眼感染症ヘルペスは様々な眼の病気を引き起こします。そこでこの記事ではそんなヘルペス眼感染症について解説しています。...
神経麻痺性角膜症三叉神経の障害が原因で、角膜の知覚が低下し、角膜障害が起こることがあります。この記事ではそんな神経麻痺性角膜症について解説しています。...

角膜知覚検査の特徴

主にCochet-Bonnet型角膜知覚計が用いられる。先端に付くナイロン糸を5㎜から60㎜の間で長さを変化させ、線維の弾力性を変化させて知覚を計測する。

正常は50㎜以上で、それ以下は角膜知覚低下があると判断する。

参考文献

  1. 今日の眼疾患治療指針 第3版

関連記事

眼科で行う検査この記事では眼科で行う検査をまとめています。...

ABOUT ME
ドクターK
オンライン眼科編集長兼眼科医プロライター/祖母の死→医師を目指す→一浪し眼科医/プロライターとしても500以上の記事を執筆/目の健康、眼科に関する記事をほぼ毎日作成/一緒にお仕事して下さる方はDMして下さい!目の健康に関する情報よ全国へ届け!