目の病気

角結膜染色法

ドクターK
ドクターK
・眼科に行ったら”染める検査”をしました。あれはなんですか?

・角結膜染色法について知りたいです。

と疑問をお持ちの方の悩みを解決できる記事になっています。

角結膜染色法の目的

角結膜染色法は

  • 眼表面上皮障害の検出
  • 涙液層の観察

などのために行われる。

角結膜染色法は角膜疾患を含む前眼部疾患全般の診断、あるいはコンタクトレンズのフィッティング検査などに有効とされる。

角膜とその疾患このページでは角膜とその疾患についてのリンクを掲載しています。...
コンタクトレンズフィッティング検査・レンズの検査この記事ではコンタクトレンズフィッティング検査・レンズの検査について解説しています。コンタクトレンズの検査で何をされているのか知りたい方は必見です。...

角結膜染色法の原理と特徴

細隙灯顕微鏡検査でコバルトブルーフィルタにより励起されると、橙黄色のフルオレセインが黄緑色の蛍光として観察される。

フルオレセインは細胞そのものを染色するのではなく、破綻した細胞間隙を染色することを利用している。

この検査は刺激が少なく、非常に簡便に行えるためどこの施設でも行われる。

また、角結膜染色法では結膜上皮障害を詳細に観察することは難しいので、ブルーフリーフィルタ法を用いて観察することがある。

ローズベンガルはムチンに覆われていない上皮細胞を染めるとされ、ドライアイ、上輪部角結膜炎の診察において主に用いられる。しかし、細胞毒性、刺激、眼周囲皮膚への染色が問題点としてあげられるため、一般的な診療ではあまり用いられない。

上輪部角結膜炎(SLK)上輪部角結膜炎(SLK)は30~55歳に好発し、両眼性が一般的で、女性に多く、上方の球結膜および輪部を主座とする炎症性の眼表面疾患です。この記事ではそんな上輪部角結膜炎(SLK)について解説しています。...

ブルーフリーフィルタ法

主にドライアイ、結膜上皮に病変がある疾患で用いられる。今までのドライアイの角結膜上皮障害は、角膜はフルオレセイン染色、結膜はローズベンガル染色で行われてきた。

ドライアイでは角膜上皮障害よりも結膜上皮障害が先行するため、ローズベンガルが有効だが、刺激性が多いという課題があった。一方で、フルオレセイン染色では結膜上皮障害は観察しにくいという課題があった。

この問題点を解消するために、細隙灯顕微鏡に濾過フィルタ(ブルーフリーフィルタ)を付け観察すると、微細な結膜上皮障害がフルオレセイン染色のみで観察できるようになった。

角結膜染色法の検査法

フルオレセイン染色の場合

  1. フルオレセイン試験紙あるいは0.5~2%フルオレセイン溶液を用意する。
  2. フルオレセイン試験紙を用いる場合には生理食塩水で湿らせて、下眼瞼にそっと接触させる。溶液の場合はガラス棒につけ、下眼瞼に軽く接触するように点入する。
  3. ブルーフリーフィルタがあれば併用し、角結膜上皮の状態を確認する。

 

ローズベンガル染色

  1. 刺激性があるため、点眼麻酔を十分に行う。
  2. 1%ローズベンガル液をガラス棒につけて下眼瞼結膜に点入する。
  3. 結膜上皮障害を観察する。
  4. 結膜、眼周囲に付いたローズベンガルは取りにくいので、速やかに洗眼・顔する。

※点入量によって染色される上皮障害が異なるため、点入量は一定になるようにする。

角結膜染色法の判定

正常であればフルオレセイン、ローズベンガルともに染色されない。角結膜上皮障害があればその部位が染色される。

参考文献

  1. 今日の眼疾患治療指針 第3版

関連記事

眼科で行う検査この記事では眼科で行う検査をまとめています。...

ABOUT ME
doctorK
オンライン眼科編集長兼眼科医プロライター/祖母の死→医師を目指す→一浪し眼科医/プロライターとしても500以上の記事を執筆/目の健康、眼科に関する記事をほぼ毎日作成/一緒にお仕事して下さる方はDMして下さい!目の健康に関する情報よ全国へ届け!