目の病気

その他の全身疾患に伴う白内障

hakunai

代謝異常に伴う白内障

  • 糖尿病:皮質浅層、前・後嚢下混濁を生じる。詳細は『糖尿病白内障』を参照。
  • ガラクトース血症:水晶体核の油滴状混濁で発症し、赤道部の混濁を伴った層状白内障を呈し、進行すると全白内障となる。
  • Fabry病:車軸状の皮質混濁をきたす。
  • 低カルシウム血症:前後の浅層皮質に多色性顆粒状混濁をきたす。
  • Wilson病:前嚢下の多色性顆粒状混濁が放射状に広がる(ひまわり状白内障

 筋骨格異常

  • Hallermann-Streiff症候群:両目に先天白内障を高率に合併する。白内障は膜状あるいは全白内障を呈する。
  • Stickler症候群、Wagner症候群:若年者では皮質白内障を呈し、硝子体変性の進行に伴い、30~40歳代で急激に核白内障が進行する。
  • Pierre Robin症候群:後嚢下白内障を呈することが多い。
  • Rubinstein-Taybi症候群

 皮膚疾患

  • アトピー性皮膚炎:若年者の白内障の原因としては最多。前後嚢下中央に特徴的なヒトデ状混濁をきたす。
  • 色素失調症(Bloch-Sulzberger症候群)
  • Rothmund-Thomson症候群:小児期に白内障を生じ、急激に進行する。
  • Schaffer症候群:先天白内障を合併することがある。
  • Werner症候群:後嚢下白内障を呈することが多い。

腎疾患

  • Alport症候群:斑状水晶体、前部および後部円錐水晶体などの水晶体の形状以上に白内障を合併することが多い
  • Lowe症候群:水晶体形成不全があり、しばしば水晶体は薄く全白内障を呈する。

神経疾患

  • 筋強直ジストロフィ:水晶体混濁は前後成人核外側の浅層皮質に生じる多色性の顆粒状混濁(Vogt型混濁)と、後皮質にヒトデ状に広がる混濁(Fleischer型混濁)の2病型がある。疾患発症早期からみられるため、発見の契機になることがある。
  • Refsum症候群:後嚢下白内障を呈する。
  • 神経線維腫症2型:後嚢下白内障あるいは後皮質混濁を呈する。
  • Marinesco-Sjogren症候群

参考文献

  1. 今日の眼疾患治療指針第3版

関連記事

その他の薬物・毒物による白内障白内障は様々原因で発症したり、進行が早くなったりすることがあります。その他の薬物・毒物による白内障について解説しています。...

ABOUT ME
ドクターK
オンライン眼科編集長兼眼科医プロライター/祖母の死→医師を目指す→一浪し眼科医/プロライターとしても500以上の記事を執筆/目の健康、眼科に関する記事をほぼ毎日作成/一緒にお仕事して下さる方はDMして下さい!目の健康に関する情報よ全国へ届け!